Ymobile(ワイモバイル)のスマホを徹底調査&比較するブログ

Ymobileのスマホポータルサイト

ワイモバイルのスマホ、ポケットWiFiのデータ制限の基準

読了までの目安時間:約 3分

ワイモバイルは通話料や通信料などが安く、いま注目を集めているスマートフォンキャリアです。
 
パケット量ごとに3つのプランがあり、それぞれ月々1GB、3GB、7GBの通信をすることができるので自分が毎月どれだけのパケットを使っているかで料金を設定することができます。
 
このパケット量が超えてしまったら、速度制限を受けてしまいます。
ワイモバイルは、モバイルルーターのポケットWi-Fiも提供しているので同じように通信制限を受けてしまう場合があります。
 
ワイモバイルの通信制限について、スマートフォンとPocket WiFiの場合の2つをまとめました。
 

1、スマートフォンの通信制限

ワイモバイルのスマートフォンのパケット定額プランは、1GB、3GB、7GBの3つのプランがあり、それぞれの通信量を超える、もしくは前日の3日で839万パケット(約1GB)の通信を超えてしまった場合、通信制限を受けてしまいます。
 
制限を受けてしまった場合は速度が128kbpsの低速になってしまいます。通常の速度に戻したい場合は、500MBごとに500円の追加料金を支払う必要があります。
 

2、Pocket WiFiの通信制限

Pocket WiFiの場合は月々の通信料が7GBを超えた場合に低速な128kbpsの速度に落ちてしまいます。
 
制限解除の為には、2GBごとのに2500円の追加料金を支払う必要があります。
 
料金の支払いには、My ワイモバイルにアクセスして料金を払うか、端末によってはタッチスクリーンから申し込みをすることも可能です。
 

通信制限中に利用できないサービス

通信制限を受けてしまった場合は、SkypeやLINEなどのパケット通信で通話をすることができるVoIP機能や、動画や画像の閲覧、大容量ファイルのダウンロードなどを制限されてしまう場合があります。
 
低速通信になってしまった場合は、利用を大きく制限されてしまうので使い方を考えたり、追加料金を払って通信制限を解除するようにしたほうがいいかもしれません。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿